第1回創健フォーラム 2008. 7.20開催


画像の説明
 
画像の説明
 
画像の説明
 
3枚組DVD

虫歯から始まる全身の病気」の翻訳出版を記念して企画されたシンポジウム。

これまで長年「病巣感染」を研究し警鐘を鳴らしてきた研究者らによる、一般の人にも分かりやすい講演。

現代人は心身両面において様々なストレスに晒されている。
そのどれもが免疫機能に影響をあたえる。
虫歯もその一つであり、虫歯を治療して痛みがなくなればそれで良いとは、言えない状況である。
口は全身を映し出す器官とも言われている。

演題
歯周病原性バイオフィルムは健康破綻をもたらす」
「扁桃を中心とした口腔内の病巣感染を考える」
「病巣感染と慢性免疫病:木を見て森も見る医療の実践」
「歯牙根尖病変の治療 ー長期経過からみて」

シンポジウム
「病巣感染と全身疾患



前のページに戻る